世界標準の感染予防策を採用

京都府向日市の歯科医院「かなたにデンタルクリニック」では、小さいお子様から全身疾患をもったご高齢の方まで安心してご来院いただけるよう、徹底した衛生予防管理体制をとっています。世界標準の感染予防対策を採用し、医療スタッフの手洗い・消毒や、個別の医療器具の滅菌などをすべてマニュアル化し、実践しています。

世界標準の感染予防策~スタンダードプリコーションの実施~

当院では、スタンダードプリコーションを基本とし、院内感染予防を実施しています。スタンダードプリコーションとは、1996年、米国防疫センター(CDC)が提唱した感染予防策で、現時点での世界標準の感染予防の考え方の基本となるものです。

スタンダードプリコーション(標準予防策)

以下の湿性の生体物質をすべて感染性があるものとして扱うことである。これは、感染症の有無にかかわらず、すべての患者に適用される。

  • 血液
  • 汗以外の体液(唾液、鼻汁、喀痰、尿、便、腹水、胸水、涙、母乳など) 傷のある皮膚
  • 粘膜

これらの湿性物質との接触が予想されるときには予防具を用い、処置の前後には手洗い・手指消毒を行うことが、すべての院内感染対策の基本である。

医療器具の滅菌

当院では、使用済みの医療器具は、ミーレジェットウォッシャー(熱水消毒器)で洗浄後、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にて滅菌しています。

ミーレジェットウォッシャー(熱水消毒器)

ミーレジェットウォッシャー(熱水消毒器)

使用済みの医療器具の洗浄・滅菌には、ドイツのミーレ社製「ミ-レジェットウォッシャー」を使用。55度以下の温水でたんぱく質を凝固させないように洗浄したのち、93度で除菌します。

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

洗浄・殺菌した医療器具は、イタリアのW&Hステリライゼーション社製「リサオートクレーブ」で滅菌します。「リサオートクレーブ」は、小型滅菌器のヨーロッパ基準(EN13060)の中でもっとも厳しい基準をクリアしたレベルの高い「クラスB」タイプの滅菌器を使用しています。従来のオートクレーブ(滅菌器)では十分滅菌できなかった医療器具もしっかり滅菌します。

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

また、当院では、小型のオートクレーブ「EX Clave」も導入。20分と短い時間で滅菌できるため、タービンなどの切削器具をこまめに滅菌するのに最適です。

滅菌パックで清潔に保管

滅菌パックで清潔に保管

消毒・滅菌後の医療器具は、全て滅菌パックに入れて保管。患者様の前で使う直前に開封するので、清潔を保つことができます。

触れる場所にバリアフィルムを貼ります

触れる場所にバリアフィルムを貼ります

スタッフが触れる部分にはバリアフィルムを貼っています。また、患者様ごとに貼り替えることで患者様間での感染を防ぎます。

当院独自の徹底した感染予防対策

当院独自の徹底した感染予防対策

当院では患者様に使用するものはもちろんのこと、さらにスタッフ全員がガウン、ゴーグル、手袋も患者様ごとに交換し、徹底した衛生管理予防対策を整えております。

使用されている水は本当に清潔ですか?

使用されている水は本当に清潔ですか?

患者様のお口の中に入る水は常に清潔に保つ必要があります。水が通る配管はもちろん衛生的でなければなりません。当院では、治療の際に使用する水に不安を抱くことがないように水消毒システムを備えたドイツのシロナ製の診療チェアを採用しています。

水消毒システムとは

水消毒システムとは

常時清潔な水が流動的になるように設計されており、常にユニット内に流れる水が留まり、不衛生な状態になることがないので、患者様も安心して治療をお受け頂けます。また定期的に消毒を行う集中消毒システムもあるので、衛生管理に関しては常に万全の状態です。

  • 当院の無痛治療
できる限り痛みを抑えた治療をご提供しています。
  • 診療予約はこちらからお電話にて受け付けております。075-935-3158 受付時間 9:00~19:00  (土曜日 9:00~13:00)